*魂の次元*

当サイトの記事タイトルは、多分に誇大広告気味となっている場合がございますので、十分ご注意ください。

【収益20,000円突破記念】アドセンス、アマゾン、note.mu 、はてブ。ぼくのマネタイズ戦歴を再び共有しよう - これならキミもネットでお小遣いが稼げちゃうぞ

この記事を読めば、ひょっとして、

  • オレも楽々お小遣いが稼げるかも!?、

と思っていらしてくださったあなたには、最初っから謝っておきます。

ごめんなさい。

タイトルが誇大広告気味になっております。

「収益20,000円突破」と書きましたが、これは月額ではなく総額です。

はじめてアマゾンのアフィリエイトを試してみてから、かれこれ十年以上。アドセンスももう二年以上やってますが、それなのにこれっぽっちです(笑)。

世の中に楽してお金が稼げる方法はないのは、みなさんご存知の通りですが、ここまで来るだけでずいぶん苦労しました。

というわけで、苦労しながらもここまで来る中で体得してきたノウハウを、今日はみなさんと共有したいと思います。

収益総額たった20,000円のブログについて書いたこの記事を読むべき理由

あなたが

  • これからブログを作って稼ぎたいと思っている未経験者であっても、
  • ブログを書いているけれども、収益化はこれからという初心者であっても、あるいは
  • 月数千円の収益はあるんだけれども、もう少し収益を増やしたいという中級者の方であっても、

この記事の内容は参考になるはずです。

あなたの収益が月数万円の場合は、

  • 「そんなの当たり前だろう」

と思う内容しか見つからないかもしれませんが、その

  • 当たり前の内容をどうやって体得するか」

が難しいわけですから、

  • 知識として知っていることを血肉にするにはどうしたらいいのか

という点では、多少の参考になるかもしれません。

このブログは収益総額20,000円そこそこのちっぽけなブログです。
けれども長い年月をかけて大切に育ててきたブログでもあります。

ほんのちっぽけなブログですから、

  • 「こうすればこんなに稼げますよ」

といった有名ブロガーさんたちのような書き方はできません。

けれども、

  • 現にこのようにして、これだけの収益は得られた

という意味では、これも小さな実績であり、一つのプロトタイピングとしてとらえることもできます。

プロトタイピングというのは、実際に商品開発に取りかかる前に、取りあえずのモデルを作って、アイディアがちゃんと現実に即しているか試してみることです。

有名ブロガーさんたちの書くノウハウだって、その方法で誰もがうまくいくわけではありませんから、あなたから見れば、それもほかの人が作ってくれたプロトタイプ程度のものでしかありません。

うまくできたプロトタイプならば、そこから発展させて、現実に使えるものにしていくための出発点になります。

そしてプロトタイプを発展させて成功するためには、自分なりの方法論が必要です。

自分なりの方法論を確立しようと日々研究に励んでいるあなたには、

  • 案外この記事も役に立つんじゃないかなー

と思うわけなんです。

というわけで、見出しを参考に、興味のあるところをつまみ食いしてみてください。

まずは収益の内訳を。アドセンス10,000円、アマゾン8,000円、note.mu 3,000円

2018年11月1日現在の収益総額は、

  • アドセンス10,000円、アマゾン8,000円、note.mu 3,000円 (100の桁で切り捨て)
  • 合計21,000円

となっています。

このうち、約12,000円が、2018年8月からの収益なんですね。
(内訳は、アドセンス4,800円、アマゾン7500円)

どのみち月数千円という数字ですから大した額ではありませんが、どうしてこういう結果になっているかというと、

))について書いた記事がぷちバズしたおかげ

です。

ということで、次節以降はこの収益の意味するところを少し解説していきますが、まずは基本の話からいきます。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
☆ここでちょっと一休み、<スポンサード・リンク>です。



─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

いかにしてグーグルからの検索流入を増やすか。とにかくいろんな記事を書いてみよう。

今のところ、ぼくの収益の中心はグーグルのアドセンスになっています。

アドセンスの収益を伸ばすには、グーグルからの検索流入を増やすことが最重要です。

グーグルからの検索流入を増やすためにぼくがやっていることは、

  • とにかく人が興味を持ちそうな記事を書いてみる

ということで、これしかやってないと言ってもいいくらいです。

どんな検索語が流行っているかは、様々なツールで調べることができますし、そうやって「狙い」をつけた検索語で上位を狙える記事を書いていくことを多くの人がすすめています。

そういうやり方が合っている人もいるのでしょうが、ぼくは自分の興味のある記事しか書けないし、

  • 自分の関心が多くの人の関心とたまたま重なりあったときに、検索流入が増えてくれる

というのが、一番自然なんですね。

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」というのを本当に実感してまして、何が当たるかはホントに前もっては予測がつきません。

そして、「下手な鉄砲も撃ってるうちにうまくなる」のも事実なので、こんな文章で大丈夫かなー、と思ってもまずはどんどん書いていくことです。

何事も「習うより慣れろ」、数を書いてるうちに自分の形もできてくるものです。

なお、次のような記事が検索流入を稼いでる、うちのささやかなトップ10ですので、ご参考まで。

01. 林修先生も注目!! 人生の成功が「錯覚資産≒人を錯覚させる能力」で決まっているとしたら。「分裂勘違い君劇場」ふろむだ氏のメガトン級デビュー作、出ました。 - *魂の次元*
02. 「高学歴BL女性」が読む、東大生強制わいせつ事件を描いた姫野カオルコの小説「彼女は頭が悪いから」 - *魂の次元*
03. ハルオサンが業者だと疑ってるキミは、脳みそを海水で洗ってから出直すべし!? あるいは「天然系・野生の天才」ハルオサンは凄いんよー - *魂の次元*
04. 「漫画版・警察官をクビになった話」の衝撃。新時代の漫画家ハルオサン誕生す!! - *魂の次元*
05. 好きな音楽を聴くだけでいつでも「鳥肌が立つ」あなたは、100人中 4 人の 幸せ者かも? - *魂の次元*

06. 錯覚資産を増やすよりも10,000倍大切なこと - あなたの錯覚負債メガトン級ですよ♬ - *魂の次元*
07. 「科学至上主義」のみなさんは、どうしてEM菌がそんなに嫌いなんですかね? - *魂の次元*
08. あなたの感情は何種類? 感情カテゴリー27種も発見される! - *魂の次元*
09. note.mu でアマゾン・アフィリエイトもありだな。それから王道はアドセンス。- 月間閲覧数壱萬突破記念(藁) - *魂の次元*
10. 自分の気持ちが分からない!? あなたも「失感情症」かもしれませんヨ - *魂の次元*

「自分の興味のある記事を書く」という蝶当たり前の原則について再確認

「自分の興味のある記事を書く」というのは、ごく当たり前のことですが、収益を増やそうとするときに、うっかりどこかに置き忘れがちなことでもあるので要注意です。

何をやるにしても「自分が好きなことをやる」というのが一番基本です。

だって「好きなこと」じゃなきゃ長続きしませんから。

だからブログを書く場合も、ちゃんと「自分の好きなこと」「自分の興味のあること」を書いてください。

「自分の好きなこと」を書けば、その記事は自然と「熱量」のある記事になります。

人はその「熱量」を求めて集まってくるんですよね。

逆を考えると分かりやすいでしょう。

今の世の中、これが流行ってるからと思って記事を書くとします。

流行ってるから書いてみただけで、あなたが好きなものについて書いたわけじゃない。

そうするとその記事は薄っぺらくて「熱量」のない記事になってしまいます。

どんなによく調べて、どんなに読みやすく書いて、そしてもしもそれが検索されてどれだけページビューが増えても、その記事は「薄っぺらい」まんまです。

そういう記事ばかり書いてると、心がすさみます。
ブログを書くのが楽しくなくなります。

そういう記事を書いちゃダメだ、というわけではありません。
ほどほどにしといたほうがいい、ということです。

ですから、「自分の興味のあることについて書く」というこの基本中の基本をぜひ忘れないようにしてください。

  *  *  *

ただし、ブログを楽しみのためにではなく、お金のためにやってる人の場合はちょっとばかり違うことになります。

お金のためにやってる人は「お金を稼ぐのが好きな人」なんですから、ブログの内容は二の次ですもんね。

そういうタイプの方は「お金を稼げるネタ」に興味があるわけですから、どんな内容であれ、お金さえ稼げればいい。

そういう意味では、結局「好きな内容=お金を稼げる内容」の記事を書いてるわけで、一緒と言えば一緒でしょうか。

はてなブックマークでネタを探し、アクセス数を稼ぐ

もうひとつアクセス数を増やすために使えるのが、はてなブックマークです。

ツイートなども含めてネット上のあらゆる記事をブックマークすることができ、またコメントをつけることもできます。

そして多くの人がどんな記事をブックマークしているかも分かるので、グーグルとは違った意味で「人気のある」記事が探せますし、そこに自分の記事が「載れば」アクセス数が稼げるわけです。

はてなブックマークを使うと、

  • 検索流入とは違う形でアクセス数を増やすことができますし、
  • 被リンク数を増やしてグーグル検索におけるサイトの評価を上げることにも役立ちますので、

まずは試しに使ってみてください。

実際のはてなブックマークの使い方ですが、ぼくの場合、書く記事の題材探しもこちらでやる場合が多いです。

はてなブックマーク

上のアドレスにアクセスするとブックマーク数の多い人気記事などがずらっと表示されます。

タブで「総合」「一般」「世の中」「暮らし」などなど、ジャンルが選べるようになっています。

ぼくは競争率の低い(「過疎ってる」などとも揶揄されますが)「学び」のホットエントリー(=人気記事)を見ることが多いですね。

ここで興味のあるコンテンツを見つけたら、そのコンテンツに関連する記事を自分で書きます。

そして、そのコンテンツにブックマーク・コメントをつけて、ついでに自分の記事のアドレスも貼り付けておけば、準備完了です。

元のコンテンツに人気があれば、これだけでもある程度のアクセスが見込めます。

ぼくがつけたブックマークはたとえばこんな感じです。

ハルオサンのことは「天才」としか形容のしようがないです。紹介記事書きましたんでよろしく。→「漫画版・警察官をクビになった話」の衝撃。新時代の漫画家ハルオサン誕生す!! http://dimofsoul.mitona.org/entry/haruosan-manga - suganokeiのコメント / はてなブックマーク

また、自分の記事にも「記事を書きました」という感じでブックマーク・コメントをつけてお知らせしておきます。

あなたの記事のできがよければ、読みに来てくれた人もあなたの記事をブックマークしてくれるでしょう。

ブックマークが運良くいくつか集まれば、あなたの記事もホットエントリー入りすることができるかもしれません。

そうなれば、さらにアクセスが増えることになります。

  *  *  *

なお、はてなのサービスはもともと技術者系の人に支持されてきた歴史もあって、ちょっと独特の空気があります。

その空気のせいで、相性の合う合わないはあると思いますが、とりあえずどんなものなのか、試しに覗いてみてはいかがでしょうか。

はてなブックマーク

アドセンスの収益を増やす「呼び水」の存在

アドセンスで月数千円以上の収益がある方ならよく分かってらっしゃると思うのですが、自分のブログの「目玉」とまでは言えないまでも、ある種の「呼び水」とでも言えるような記事というのが、アドセンスで「稼ぐ」ためには重要なんですよね。

ブログの収益化を望む者なら誰もが、この「呼び水」を探してネット上をうろうろすることになるわけですが、ぼくの場合はふろむださんの「錯覚資産本」が大きな「呼び水」となって、ようやく「月数千円」に達することができたというわけです。

それまでも、「感情・何種類」、「音楽・鳥肌」、「EM菌」などなど、小さな「呼び水」はあって、月数百円レベルの収益は発生していたのですが、ふろむださんのお陰で「錯覚資産」というキーワードがぼくの「バーチャル資産」に加わることで、収益レベルが10倍とまではいきませんが、5-6倍にはなったわけです。

というわけで、「錯覚資産」という名のビッグウェーブは、三ヶ月経って、すでにだいぶ引いてしまったとはいうものの、今でも十分な検索流入をもたらしてくれていて、ぼくの貴重な「バーチャル資産」になっているというお話でした。

ふろむださんのおかげで、アマゾンもようやく見られる数字になりました。

ぼくはアマゾンのアフィリエイトは、あまり熱心にやっていないので、ずっとホントに微々たる収益で、月0円ことも多く、月数百円いけばいいところでした。

それが、「錯覚資産本」が出版されたおかげで、

  • 8月1,600円、9月4,077円、10月1,824円、

とようやくなんとか見られる数字になりました。

ぼくの場合はこの先もアマゾンは大して稼げなさそうな気がするのですが、売れ筋の書籍なり商品なり、うまく紹介できる方なら、十分可能性はあると思います。

最後に note.mu について

note.mu はテキスト・画像・音声が簡単に販売できる点が他のサイトにはない特徴なのですが、これで収益を上げるのはなかなか難しいかもしれません。

アドセンスは使えないし、規約は曖昧だし、そうした制限が嫌いな人には向きません。

けれども、はてなや wordpress などでブログを立ち上げるのと比べると圧倒的に読んでもらいやすいので、固定の読者を作って、なんらかの収益につなげるアイディアがある人には挑戦のしがいのあるサイトでしょう。

ジャンルに限らず文章を読むのが好きな人が集まっているので、うまく本などの紹介をしてアマゾンにつなげれば、それなりの収益が得られそうですので、そういうのが好きな人は試してみてもいいかもしれません。

note はまだまだ小さめのサイトですがポテンシャルは感じます。

ぼくの場合いまのところは趣味的に使っているくらいで、「いつかお小遣い稼ぎにも使えるようになったらいいな」といった感じでつき合っているのが現状です。

こちらがぼくの note のアカウントです。短い小説、エッセイなどの読み物を書いています。

とし兵衛@ぷちウェブ作家|note

というわけで、今日の記事は以上でおしまいです。
それではみなさん、ナマステジーっ♬

f:id:suganokei:20181101203540j:plain

(いらすとやさんの画像を加工して利用させて頂いています)

☆あとがき
今日は嬉しいことがあったので、この記事を書くことになりました。
久しぶりに銀行口座の残高をチェックしたところ、アマゾン、グーグルからどちらも初の振込みがあったのです。
これもすべて、今までこのブログを読んでいただき、星やブックマークなどではげましていただいみなさんのお陰です。
ほんとうにありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いします。
それではみなさんも良き日をお過ごしくださーい!!

---------------

スポンサーのリンクです