*魂の次元*

まず自分が幸せになろう。そして周りに幸せのおすそ分けをしよう。

メメント・モリ - 死を想って、人生を謳歌する

反航路 (id:giveus) さんの記事
机の上にある絵 - いのちばっかりさ
を出発点に、つれづれに考えたことをしるします。

メメント・モリ - 死を想って、人生を謳歌する

ぼくには三つ年上の兄がいるのですが、その兄が中学の工作で、ドクロと "memento mori" という文字を彫った小さな木箱を作っていたのを、四十年以上たった今でもよく憶えています。

反航路さんが、「死を想え」という意味のそのフレーズに、どんな想いを込めているのかは知る由もありませんが、その言葉が「いつも手を伸ばせば届くところ」にあるという共通点に、いくばくかの「縁」というものを感じて、そこを出発点に文章をつづってみている次第です。

ぼくが好きなアメリカの作家カルロス・カスタネダのドンファン・シリーズには、"death as an advisor" というフレーズが出てきます。

カスタネダが弟子入りしたメキシコの呪術師ドン・ファンは、「死」というものが、いつでも左後ろを振り向くと「そこにいるのだ」と言います。

そして、その存在を忘れず、「死」を助言者とすることで、よりよく生きることができるのだ、と。

この言葉が第一に意味するところは、

  • 人間というものは、いずれ遠からず死んでしまうのだから、今を精一杯生きるべきだ、

ということです。

日常というものに慣れ親しんでしまい、日々をのんべんだらりと生きてしまいがちなぼくたちにとって、一瞬一瞬を十分に味わってしっかりと生きるために「死」を意識することは、確かに大切なことでしょう。

一方で、仏教的な「無常」という観点から見ると、

  • やがては「死」で終わるのだから、この世の「無常」の価値観にとらわれず、自由に真実の命を生きよ、

という解釈も成り立ちます。

自分で望んで生まれたわけでもないのに、わけの分からない世間のしがらみに縛られて、砂を噛むような毎日を過ごしていると、なんのために生きているのかも分からなくなり、さっさとこの世から消えてなくなりたい、というような思いも湧いてきます。

そんなとき、自分が縛られていると思っている「世間のしがらみ」というものが、実際には実体のない、ただ移ろいゆく「観念」にすぎないこと思い出すことができれば、その「観念」を手放して、肩から力を抜き、全身をゆるめ、心も体もゆっくりと休めるだけの「小さなゆとり」を持つこともできるはずです。

ぼくらを縛っている「観念」というものが移ろいゆく「無常」のものであるのと同様、ぼくらの「命」自体もまた移ろいゆく「エネルギーの流れ」にすぎません。

それはやがては「死」によって終わることになる「他愛のない自然現象」にすぎないのですから、それにまとわりついて今ここにある「しんどさ」もやはり「どうということのない」自然現象にすぎません。

雨降りが嫌いでも、降る雨を止められないように、「しんどさ」を嫌っても、それを止めることはできません。

雨が降ったら、降り止むのを待ち、あるいは濡れないように傘をさします。

同じように、今ここにある「しんどさ」も毛嫌いすることなく、ただ認めてやり、それが自然に消え去っていくだけの時間と注意を与えてやればいいだけのことです。

そうやって「不快な感覚」を毛嫌いすることをやめられれば、そのもととなっている「観念連合」も弱まり、やがてはほどけていきますから、今はあなたを執拗に縛っている(としか思えない)「観念連合」の全体ですら、いずれはまったくなくしてしまうことだって不可能ではないのです。

こんなことを書いているぼくの頭の中にも、自分を縛りつけている「観念連合」はまだまだたくさんあるのはもちろんですが、こうして「死を想え」という言葉を思い出すことで、少しずつ心の奥底に溜まった澱をきれいにしていけたらなー、などと思いながら、こんな文章を書いているわけでして。

ですから、「人生を謳歌する」というような境地には、なかなか達することができないのですが、いつかはそんな境地に達することを願って、「一歩いっぽ歩いていくしかないのよね」という当たり前の結論を書いて、この短い記事はおしまいにします。

なお、カスタネダのドンファン・シリーズのうちでは、四冊目の
☆「力の話(新装・新訳版)」(2014 太田出版)
https://amzn.to/2nHNO9B (←アマゾンでご覧ください)
がおすすめです。

これ一冊で十分完結していますので、西洋的な合理主義とも、東洋的な世界観とも違う、また別の価値観に興味のある方は、一読すると得るところがあるものと思います。

てなわけでみなさん、ナマステジーっ♬

---------------

スポンサーのリンクです