*魂の次元*

当サイトの記事タイトルは、多分に誇大広告気味となっている場合がございますので、十分ご注意ください。

カリール・ジブラン曰く「悪について語ることはできない」

私はあなたの善について語ることならできますが、悪について語ることはできません。
悪は自らの飢えと渇きに苦しむ善そのものにほかならないからです。
善が飢えているときは、まっ暗な洞窟のなかにさえ食べものを探し求め、
渇いているときには死水さえ飲もうとするのです。


  --- カリール・ジブラン

http://twitter.com/bookclubkai/status/8890577666 より孫引き。
百年ほど前、レバノンに生まれた詩人。ハリール・ジブラーンの方がもとの音に近いみたい。
アラブのひとのものはほとんど読んだことないので、もう少し読んでみたいと思う。


[カリール・ジブラン「預言者 ポケット版」をアマゾンで見る]

---------------

スポンサーのリンクです