*魂の次元*

当サイトの記事タイトルは、多分に誇大広告気味となっている場合がございますので、十分ご注意ください。

精霊の呼び声 (E. B. ジェンキンズ)

「精霊の呼び声―アンデスの道を求めて」エリザベス・B. ジェンキンズ著、高野昌子訳 (翔泳社1998)


アメリカで心理学をやっていた女性がペルーに行って
シャーマニズムの修行をするお話。
カルロス・カスタネダ著作に比べるとやや甘口な印象を
受けるけど、インカの流れの世界観はカスタネダの描く
トルテカの世界観と重なりつつも、違いもさまざまあり、
新鮮。


おもしろい本だと思います。

---------------

スポンサーのリンクです