*魂の次元*

肩から力を抜いて、自由に楽しく生きる。

新型コロナで右往左往しないための「あまりに当たり前な対処法」はこれだ!

新型コロナウイルスが蔓延して、世界中で死者が増えています。

人類史上まれな事態であるため、不安を抱えて暮らしている皆さんも多いことでしょう。

けれども世間が大騒ぎをしているからといって、あなたまで右往左往する必要はありません。

この記事では、嵐の中でも心落ち着けて暮らすためのヒントを、いくつか書くことにしましょう。

  • 心を落ち着ける。
  • 人生の意味を確認する。
  • 人のことは気にしない。
  • できることを淡々とやる。
  • 死を覚悟する。
続きを読む

新型コロナ対策、外出制限を行なわず、相互監視に任せる日本のソフト全体主義と未来への希望

東京都の小池知事が3月30日夜8時半ごろから緊急の記者会見を開き、
「夜間の酒場 出入り自粛を」呼びかけたことがNHKによって報道されています。

小池知事は「厚生労働省のクラスター対策班の専門家の報告によると、感染経路が不明な症例のうち、夜間から早朝にかけて営業しているバーやナイトクラブ、酒場など接客を伴う飲食業の場で感染したと疑われる事例が多発していることが明らかになってきた」と述べました。

NHK WEBより

この記事では、新型コロナの感染爆発に対する、こうした「自粛要請」という対応についての問題を考えます。

  • 自粛要請と相互監視のパノプティコン的監獄社会
  • 恣意的な自粛要請と「自粛要請」自体のはらむ矛盾
  • 新型コロナから学ぶべきものと未来への希望
続きを読む

すごいぞ学習院大学、あまりにパンクで本音丸出しの卒業生謝辞が「賛否両論」で台風の目に!?

4年前に開設された学習院大学の国際社会科学部は今年度はじめて卒業生を送り出しました。

第一期生の卒業式は3月20日に予定されていましたが、新型コロナウイルスの流行により中止され、当日卒業生代表として謝辞を述べるはずだった2人の学生の謝辞がホームページで公開されています。
*1

その2人の卒業生のうちの小堀奈穂子さんの謝辞が、日本の形式主義にあからさまな「攻撃」を加える内容であることから、
「超パンク!*2」という賛辞と共に、
「ネオリベの申し子。教育の失敗*3」という否定的な意見が並んで見うけられます。

称賛と失望が渦巻く台風の目となった小堀さんの謝辞とはどんなものなのか、確認して見ることにしましょう。

  • 日本社会の形式主義を痛烈に批判
  • 経済的自由の大切さと自分への感謝
  • いかに自分は成績優秀だったかと逆風を跳ねのけるパワー
  • 眠った世界の否定と言論の自由
  • 大学側の注釈
  • 権利は何かの対価なの? (2020.3.27 追記)
  • 頑張ってる女性同士が励まし合える世の中であってほしい (2020.3.29 追記)
    • 「歴史」を知り先達をリスペクトすることの大切さ
    • 批判の投げ合いではなく、建設的な提案が増えてほしい

f:id:suganokei:20200326173157j:plain

続きを読む

(小説) 幸せは、ほら、きみの目の前にある。あるいは、今ここで幸せになるための三つの呪文

きみは幸せなの?それとも不幸せ?
まあそれは、どっちでもいいんだけど。

問題はきみが今より幸せになりたいかどうかってことでね。

もしきみが今より幸せになりたいってんなら、ちょっとぼくの話を聞いてみてよ。

  • 1. 自分も世界も、今のままで完璧である。
  • 2. 自分も世界も、今よりさらに完璧になっていく。
  • 3. 自分と世界の完璧さは、ここから周りに広がっていく。

f:id:suganokei:20200325205132j:plain

続きを読む

新型コロナ心配ですか? こんなときこそマインドフルネスで乗り切ろう!

新型コロナが猛威を振るい、みなさん先行きに不安を抱えながら生活していらっしゃるでしょうか?

日本は独自路線で行動の制限はまだゆるい状況ですが、世界中で外出禁止が当たり前になり、「戦争状態」という言葉も決して大げさではありません。

けれども、こんな状況だからこそ心の落ち着きが肝心です。

まずは鼻からゆっくり「三回深呼吸」をして、肩から力を抜いてください。

そうして緊張を解いたところで、話を進めることにしましょう。

  • 恐怖と不安が人類を進化させた
  • 恐怖と不安に打ち勝つための「マインドフルネス=気づき」
  • 体の感覚に気づくことの大切さ
  • マインドフルネスの具体的な練習法
  • 慈悲の瞑想で、あなたの落ち着きを周りの人にもおすそ分け

f:id:suganokei:20200324144127j:plain

続きを読む

今日のお昼と北インドのカレーの話

北インドの聖地ハリドワルより、みなさん、こんにちわ。

今ぼくはヒンズー教のお寺のゲストハウスに泊まっていて、お昼はたいていそこの食堂でカレーのセットをいただいています。

インドではセットの定食が銀色のスチールの大皿で出てきますが、この大皿をターリーといい、定食自体もターリーと呼びます。

続きを読む

---------------

スポンサーのリンクです