*魂の次元*

肩から力を抜いて、自由に楽しく生きる。

ご飯と間違えて茶わんを食べる人はいない、あるいは言葉は呪文・言葉は祈り

このところ、どんな言葉が人を動かす力を持つのか考えています。

それで気がついたのは、確かに「言葉が人を動かす」ということもあるのだけれど、実際に人を動かすのは、言葉のもとになっている「人の気持ち」だということです。

当たり前と言えば、当たり前の話です。

けれども
「ネットでどんなふうに情報を発信すれば多くの人にとどけることができるんだろう?」
というような関心から表現について考えていると、これはどうしても引っかかり安い「落とし穴」だと思うのです。

  • 表現に磨きをかけるのも大切
  • 言葉は器でもあり、中身でもある
  • 表現と承認欲求
  • 心の奥で囁きと叫びが渦巻くとき
続きを読む

お題メモ: 「自分に厳しく、他人に優しく」は正しい考えなのか?

この記事はお題メモです。

どんな記事になるのか関心を持った方は、☆でもコメントでも何かしらの反応をお願いします。

今回のお題は、

  • 「自分に厳しく、他人に優しく」は正しい考えなのか?

です。

それではみなさん、よろしくねー!

人生の難局に差し掛かっているあなたへ

マシュマロで相談のメッセージをいただきましたので、ぼくなりの考えを手紙形式で書きます。

相談内容は末尾に載せます。

    • -

ご相談のメッセージを読んで、人生のしんどい時期にいらっしゃるのだなと感じました。

しかしながら、あなたにはこうやってしんどさを言葉に表し、人生の難局を打開しようという「強い想い」があるのですから、不安になりすぎず、悩みを抱えすぎずに日々を送るようにすれば、必ず状況は改善します。

そのためにはまずプライドを捨てる必要があります。
プライドを捨てるなんて無理だと思われるかもしれませんが、逆境から脱け出すためには思い切りも肝心です。

今の日本は長引く不況のため、楽に稼げる仕事はありません。

プライドを捨てて、しんどい仕事を誠実にこなす気持ちを持つことができれば、道は必ず開けます。

お世話をなさっている男性については、様々な想いが起こって、これもしんどい場面が多いことでしょう。
そのとき二人の関係をどうするかは結局あなた次第です。
覚悟を決めて、その方と過ごす時間を大切になされば、あなたの人生は必ずや輝きを増すことでしょう。

朝起きてすぐと夜眠る前に、三回ゆっくり深呼吸をして、体の力を抜き、今日を生きられる幸せを感じてみてください。

今日から始まるあなたの新しい人生が、暖かい幸せに満ちたものになることを心よりお祈り申し上げます。

☆次のリンクから マシュマロ の機能を使って、誰でも匿名でメッセージを送ることができます。極端にネガティブな言葉を含むメッセージは届きませんのでご注意ください。
https://marshmallow-qa.com/tosibee

・相談内容は以下の通りです。

ただ自分の本性で無計画に結婚しました勉強は余り努力せずただプライドは高く
郵便局勤めの旦那の給料と自分のパート代とか親が親戚の警察署長してた叔父と街の一等地にビル建てて10階タワーパーキングつけて損害保険の代理店をして
この業界弱肉強食世界で親から継いだ保険の仕事も私たちの客層を狙ってハイエナのよう人達の餌食になりそれでも頑張って死守するだけ死守して生活に余裕が無くなり30年いた酒にだらしない旦那と60歳で別れて子供は二人大学へ行かせて
も親が人生の負け組精神で綺麗な娘たちの元が頭のいい子たちを伸ばしてやれず
酒にだらしない旦那と別れて元保険代理店の男性87歳の世話をする羽目になり
脳梗塞で倒れて奥さん末期ガンで無くなり一人では生きていけないからと一緒にいますが倒れて4回の入退院をしながら
少しあった蓄えも底をつき頭が痛い毎日ですが今60で若い時の様に行きません
昨年は仕事の帰り自転車と横断歩道上で当たり仕事生活で必要な車もてばなして
罰金大金払い免許も返納
頼りたい人は介護5で全介助で大変です
今この悪い状況から抜け出したい
私には弟がいます
大手の電力会社の管理職していて生活もいい生活してますが助けてはくれません
大学も国立で大学院でてますが冷たいです
今居る介護5の男性高校時代は生徒会長したり親が日本で台所が竃の時代からガスにかわり日本で最初にガスプロパンを輸入したといってます
幼少時皆んなが藁草履履いてた時代編み上げの革靴履いていたと
俳句が趣味で県の同人という肩書きらしきものあるそうですが介護5です
今お金に困っています
なんとか現状を脱出したいです

アチャン・チャー、仏教の目的と悟りの意味

タイのお坊さんアチャン・チャー師の悟りの説明が分かりやすかったので、自分の理解を書いておく。

仏教の目的は、苦からの解放であり、結果として心の平穏と幸せが得られると説明した上で、心が動くとき苦が生ずるとアチャン・チャーは説く。

そして苦が生じないようにするためには、心が動いた瞬間にそれに気づく必要があるというのだ。

この「鋭い気づき」を養うのが瞑想の目的である。

あなたの瞑想が深まって、気づきが最高に研ぎ澄まされたとき、心に生ずる動きは瞬時に気づきによって捉えられる。

そのとき、あなたは完璧な幸せを手にするのである。

参考:
Ajahn Chah "Unshakeable Peace"より

      • 引用はじめ ---

Please clearly understand that when the mind is still, it’s in its natural,
normal state. As soon as the mind moves, it becomes conditioned (sankhara).
When the mind is attracted to something, it becomes conditioned. When
aversion arises, it becomes conditioned. The desire
to move here and there arises from conditioning. If our awareness
doesn’t keep pace with these mental proliferations as they occur, the
mind will chase after them and be conditioned by them. Whenever the
mind moves, at that moment, it becomes a conventional reality.

      • 引用おわり ---

金魚やインコ、ひいらぎの思い出

動物と一緒に生活してますか?
それとも植物を育てていますか?

今日は子どもの頃の生き物とのつき合いを、思い出して書いてみます。

1970年代の東京・世田谷の、小学生時代の話です。

続きを読む

本当に人生を変えたいのなら、今すぐできることから取りかかろう。

初期仏教の瞑想法であるヴィパッサナの練習を始めてから、そろそろ八年になります。

昨日までは西インドのプシュカルで、十日間の合宿コースにボランティアとして参加していました。

続きを読む

---------------

スポンサーのリンクです