*魂の次元*

まず自分が幸せになろう。そして周りに幸せのおすそ分けをしよう。

すべての炎上は「善い炎上」である、あるいは炎上の「よしあし」とそこから「学ぶべきこと」

ネット上にはさまざまな炎上の種が転がっており、少しのきっかけで炎が上がります。

うっかりすると水のつもりで油を注いでしまって、なにもしなければボヤですんだのに、手のつけようのない大火事になっちゃった、なんて話もいくらでもあります。

この記事では、ネットを使っていれば、どこかで目に入ってきてしまう「炎上」について、その「よしあし」を考えてみたいと思います。

  • はあちゅうさんに見る「意図せざる炎上」の効用
  • イケダハヤトさんに見る「釣り炎上」の功罪
  • 「炎上」の「よしあし」と、その「啓蒙」効果
続きを読む

代替医療としての「ホメオパシーやEM菌の意義」と疑似科学「批判」の有害性について

同種療法とも呼ばれるホメオパシーは、現代科学ではその根拠が証明されていないため、疑似科学でしかないとの批判があります。

けれども、どんな物質にもプラシーボ(偽薬)効果は当然ありますから、ホメオパシーのレメディ(糖衣錠)を服用して症状が改善する人がたくさんいるのも当たり前のことです。

ここでは、仮にプラシーボ効果しかないとした場合に、

  • ホメオパシーにはどんな意義があるのか、また、
  • プラシーボ効果しかないホメオパシーは批判すべきものなのか、

という二点について、以下、簡単に述べます。

そして、前回の記事
人気の代替医療・ホメオパシー早わかり - 科学的「根拠」はなくても効くんです - *魂の次元*
にいくつかコメントをいただいていますので、その回答も添えておきます。

id:jo_30さんにありがたいコメントをいただきました。[2018.03.01 追記]

よくわかります。
宗教を安易に科学で批判したら信者が傷ついちゃうでしょ、ということですね。(*‘∀‘)b!

ぼくが言いたいことの核心をずばり突いていただいたコメントです。

  • プラシーボだと知っていても、プラシーボは効くんです
  • なぜ疑似科学を「批判」すべきでないのか
  • コメントへのお返事コーナーです
続きを読む

人気の代替医療・ホメオパシー早わかり - 科学的「根拠」はなくても効くんです

みなさん、ホメオパシーという代替医療のことはご存知でしょうか。

現代医療の抱えるさまざまな問題に疑問を感じる人たちの間で、人気が高まっている代替医療と呼ばれるものの一つです。

実は、このホメオパシー、ネット上の科学重視派の人たちからは毛嫌いされるんですが、一体どんな内容のものなのか、さっそく見てみましょう。

  • GIGAZINE で紹介されたホメオパシー
  • ホメオパシーって、なんか問題なの?
  • GIGAZNE の記事についたコメントについて
続きを読む

女は13歳、男は14歳で音楽の好みが決まるという「伝説」に挑戦しました - あるいは、FNMNLさん、そりゃまた「誤報」でんがな!

ツイッターで、

  • 大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

という情報を目にしたぼくは、

「これは怪しいぞ」

と思いました。

何が怪しいって、ぼくの好みは14歳のときになんか、絶対決まってませんから。

確かに当時耳に入ってきた、ピンクレディーの「UFO」や山口百恵の「秋桜」、そしてキャンディーズの「微笑がえし」といった歌謡曲は、いつまでも脳裏に焼きついたままでしょうが、ぼくの音楽の好みは高校時代に形成されて、そのあとも変わり続けていますから。

というわけで、今回のお題は、

  • 女は13歳、男は14歳で音楽の好みが決まるのか?

です。

[:contents]

続きを読む

何者かになれても、なれなくても、とにかく善く生きよう

はてな匿名ダイアリーの
人生何者にもなれなかった、けど
という記事がとてもよい文章だったので、今回はそれにまつわる話です。

  • ナニモノくんの嘆きと悟りと可能性
  • 世間の目と自分の目 - 何者にもなれないことを反芻する - fujiponさんの場合
  • 主観的なニーズの変形と、「何者かになった」のに「何者にもなれなかった」人だっているという現実 - シロクマ先生の分析
続きを読む

はあちゅうさんの「誤報」と、はるかぜちゃんの「意見」、ネットでの議論が噛み合わないのはどうして? - 「動物最強」発言再考

ネット有名人のはあちゅうさんが、

「手っ取り早くSNSで有名になりたかったら猫か犬を飼うとよいらしい」
(https://twitter.com/ha_chu/status/964297202070794240)

とツイートしたことに対し、ペット遺棄の問題を重視する動物愛護派の人たちからの抗議が殺到し、炎上事件が発生したことについては、

はあちゅうさんの「動物最強!」発言の炎上について、共感能力の視点から考察してみました - *魂の次元*

ですでに書きました。

そのはあちゅう氏の発言の問題点について、女優のはるかぜちゃんこと春名風花氏が、次のような指摘をしています。

  • SNS のためにペットを飼い、それに飽きたら捨てるような人は現実にいる。
  • それを助長するような発言はネット上でしないほうがいい。
  • はあちゅう氏は大きな影響力を持つインフルエンサーなのだから、どうかそうした点に注意をしてほしい。

さて、こうした意見に対するはあちゅう氏の応答は、どんなものだったでしょうか。

また、はるかぜちゃんの想いは、はあちゅうさんに届いたのでしょうか?

少し詳しく見てみることにしましょう。

はあちゅうさんは「事実」で、はるかぜんちゃんは「連想ゲーム」?

はあちゅう氏は、こうツイートしています。

事実を書くだけで「そういうことを推奨するのは間違ってます」ってつっかかってくる人って日本語がもはや通じてないんだよなぁ。田端さんも三浦瑠璃さんの炎上時に、ネットの連想ゲームクレーマーについて書いてたけど、勝手に頭の中で情報書き換える人に相手してらんない。

https://twitter.com/ha_chu/status/965044603102535680

このツイートは、はるかぜちゃんに向けられたものではありませんので、はるかぜちゃんの発言に沿って言い換えれば、

「事実を書いているだけなのだから、連想ゲーム的にペット遺棄問題の話をされても困る」

ということになるでしょう。

ここで問題になるのは、はあちゅう氏の発言は残念なことに「事実」を述べたものとは言えない点です。

彼女は、

「猫か犬を飼って『手っ取り早く』SNSで有名になった人」

を実際にご存知なのでしょうか?

おそらくご存じないでしょう。

猫や犬を飼うだけで「手っ取り早く有名になれるわけがない」ことを、はあちゅう氏ほどの人物が知らないわけがありません。

もちろん、犬や猫を「使って」

(1) ある程度のPVを稼ぐことはできるでしょう。

しかし、それと

(2) 手っ取り早く有名になる

のは、まったく別の話です。

はあちゅう氏こそが、「(1) の事実」を「(2) の都市伝説」に拡大して、連想ゲームをしていらっしゃるのではないでしょうか?

はあちゅう氏は、マーケティングに詳しいのが売りの作家さんなのであれば、世間話レベルでの、単なる「伝説」や「噂話」でしかないものを、「事実」として伝えるという誤報をしてしまったのですから、責任は重大です。

誤報を流したことを謝罪すると同時に、

  • ペットを使うことで、PVを稼ぐことは可能だが、それによって手っ取り早く有名になることはできない

という事実を、きちんとツイートするのが筋というものではないでしょうか?

はるかぜちゃんは、はあちゅうさんの情報発信につっかかる「当たり屋」なのか

はあちゅう氏は、こう書きます。

みんな結局、社会を変えたくて誰かに意見しているのではなく、人を叩くのが楽しいから叩いているだけ。まぁ、「発信」もじわっと社会を動かすことの一つではあると思うんだけど、相手の言い分も見ずにいきなり汚い言葉で攻撃してくる人って当たり屋でしかないと思うのよ。炎上の半分は当たり屋の仕業。

https://twitter.com/ha_chu/status/965063521942749185

はあちゅう信者のみなさんには、この言葉だけで、120% の説得力があることでしょう。

「自分の発言最高。それに意見するやつはみんな『当たり屋』」

ってわけですから。

この「無敵の自信」こそが彼女の魅力でしょうから、今回の炎上事件でも、ファンのみなさんは、

「はあちゅうさん、最強♡」

と拍手喝采していることは、間違いありません。

しかし、はるかぜちゃんの発言が「当たり屋」的なものでないことは、常識のある皆さんには明らかなことでしょう。

むしろ、はるかぜちゃんの真っ当な意見に対して、はあちゅうさんの発言にあおられたかのように、「当たり屋」さんたちがからんでいるのが現実です。

はあちゅう氏の発言戦略の巧みさに比べると、はるかぜちゃんの発言は残念ながら愚直すぎるようです。

エネルギーあふれるはるかぜちゃんも、今回のような流れで「当たり屋」系の方々とやりとりをすることには、かなり消耗してらっしゃる様子です。

とすれば、ツイッター上で意見を述べてくる人間のほとんどが、

  • 建設的な議論がしたいのではなく、相手をやっつけたいだけ

でしかない事実を十分に見きわめた上で、「当たり屋」さんたちについては、さらりと流すような対応をなさったらいいのではないかなーと、老婆心ながら一言提案させていただきます。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
☆ここでちょっと一休み、<スポンサード・リンク>です。



─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

はるかぜちゃんの想いは、はあちゅうさんに届いたのか

結論から言うと、はるかぜちゃんの「想い」は、はあちゅうさんに届くことはないでしょう。

二人は住む世界が違いすぎるので、表面的に話を合わせることはできても、本質的な部分では話は噛み合わないだろうな、と思うのです。

前の記事で、共感力の話を書きましたが、ここでは、

  • はあちゅう氏は「情報派」、はるかぜちゃんは「共感派」

というふうにとらえて説明してみます。

「情報派」の人たちにとっては、

  • 発言にどれだけ「役に立つ」情報が入っているか、

が重要になります。

そして、その情報をどう使うかは「自己責任」ということになります。

そして、その情報がときにガセネタだったとしても、

  • それに騙されて失敗するのも「自己責任」

というような価値観のもとで行動しているわけです。

とても世知がらく、「ジャンク」な価値観だとは思いますが、コマーシャリズム万能の世の中においては、まったく普通の考え方です。

一方、「共感派」の人たちは、

  • 発言に「愛」があるかどうか

が重要になります。

ここで「愛」と呼ぶものには、弱者に対する「思いやり」や「共感」が含まれます。

「共感派」の人たちは、「愛」が軽視され、「情報」と「効率」だけが重視される「現代社会」に疑問を感じていますし、それをなんとか変えたいと思っている人も少なくありません。

また、「愛」がいき過ぎて、「現代社会」に対する「憎悪」にまでなっているような人もいます。

もちろん、「情報派」の人たちにも「共感」する気持ちはあります。けれども、それは「自分と似たもの」の範囲にとどまり、「自分以外の弱者」にまで広がることはありません。
*1

どんな人も、両方の特質を合わせ持っており、多くの人は、中間的なところでバランスをとっているはずだと思いますが、

  • はあちゅう氏は「強度の情報派」であり、
  • はるかぜちゃんは「深く共感派」である

ために、その両者の議論は、どうにも噛み合わないはずだ、ということなのです。

そういうわけで、はるかぜちゃんの「想い」は、はあちゅう氏に届いていないでしょうし、届くこともないでしょう。

けれども一方で、はるかぜちゃんの「お願い」

  • はあちゅう氏は大きな影響力を持つインフルエンサーなのだから、どうかそうした点に注意をしてほしい。

は、はあちゅう氏に届いているはずです。

はあちゅう氏はそのスタイルから、簡単に謝罪をするような人物ではありません。

けれども賢い女性ですから、「ペットの話題、要注意」ということは、今回の件でよく学んだはずです。

ですから、彼女が今後「動物愛護派」を刺激するような発言をすることはないものと思われます。

また、こうした炎上事件によって、「ペット遺棄」という問題について、今まで知らなかった人が考えるようになるだろうことは、社会的にもとても意義があることと言えましょう。

そういう意味では、はあちゅう氏の存在の果たす役割は、十分に大きいものですし、また、はあちゅう氏の「軽率な発言」に意見する人がいることも、決して無駄なことではありません。

こうした小さいことの積み重ねが、やがては社会を変えていく大きな力になっていくに違いないからです。

というところで、今回の記事はおしまいです。
それではみなさん、ナマステジーっ♬

*1:これは、ここでいう「情報派」の特徴であり、すべての「情報」を重視する人に弱者に共感する力がない、と言っているわけではありませんので、念のため

「なんとかしなくちゃ」とついつい思っちゃうあなたへ贈る究極の対処法です

人生には苦しい場面というものもつきもので、そういうときは少し頑張って「なんとかしなくちゃ」という気持ちが大切になりもします。

でも、もしあなたが毎日のように

  • 「なんとかしなくちゃ」

と思っているとしたら、それって結構しんどいですよね。

それほどのことはないあなたの場合でも、何か「事件」が起きたときに、

  • 「どうしよう、なんとかしなくちゃ」

と思って、あせってしまい、かえって問題をこじらせた、なんて経験はないでしょうか?

というわけでこの記事では、「なんとかしなくちゃ」と思ったときの究極の対処法をお伝えします。

  • 「なんとかしなくちゃ」と思ったとき、まずするべき唯一のこととは?
  • どうして「なんとかしなくてもいい」と考えるのか
  • 「なんとかしなくてもいい」って言われても......
  • 「なんとかしなくちゃ」と思ったときには、ついでに体のリラックスも心がける
続きを読む

---------------

スポンサーのリンクです