*魂の次元*

空間と時間と魂と。無限の次元でぼくらは遊ぶ。

あなたの感情は何種類? 感情カテゴリー27種も発見される!

あなたの感情は何種類ありますか?

のっけから変な質問で恐縮ですけど。

日本では喜怒哀楽といいますから、四種類でいいですかね。

んっ、「感情なんて、そんなふうに数えられるわけないじゃないか」って?

それも言えてます。

なんと、今までの心理学では、「幸せ、悲しみ、怒り、驚き、おそれ、嫌悪(吐き気)」の六つ*1が、人間の基本感情とされていたのだそうです。

それに対して、今日紹介する研究では、

  • 被験者にビデオを見てもらい、沸き起こった感情を表現してもらったところ、
  • 連続的に変化しつつ重なりをもつ、27種類の基本的な感情の状態が見出された、

というんですね。

というわけで、この記事では、人間の心理について、経済学との関係も含めて、ぷち考察してみようかと思います。

(元記事はこちら、英語です。→Researchers Pinpoint 27 States of Emotion - Neuroscience News)

はじめに「感情」という言葉について一言

ところでみなさん、「性的欲求 sexual disire」って感情だと思いますか?

日本語で「感情」という場合、「気持ち」という言葉と大体意味が重なりますよね。

そうすると、「愛情 romance」は、相手を好きに思う気持ちですから「感情」ですけれど、「性的欲求≒相手を抱きたい」というのは、「欲求」や「欲望」であって、「感情」のうちには入らないのではないでしょうか?

今回紹介する論文のタイトルは、

Researchers Pinpoint 27 States of Emotion

というもので、「研究者グループ、感情の27種類の状態を特定」みたいな意味です。

それで、この emotion という言葉を「感情」としているわけですが、もう少し正確に言えば「情動」とすべきところです。
(「情動」=「感情+欲求」くらいの意味ですね)

ですが、この記事では馴染みやすさを優先して「感情」という言葉を使いますので、ここでは感情という言葉を「感情+欲求」くらいに読み替えてね、という話です。*2

で、感情が27種類って、どんなのがあるの?

さて、27種類もの感情を羅列して説明するのも退屈ですので、

  • 連続的に変化しつつ重なりをもつ

基本的な感情というものについて、例を上げて説明することにしましょう。
*3

下記ページを見ていただくと、27種類の感情とその重なり具合が大体わかるのですが、その左上には、「不安 anxiety 、おそれ fear 、ホラー horror 、嫌悪(吐き気) disgust」が並んでいて、やや「グロい」ので苦手な方は要注意ですが、感情を説明する写真も入り、イメージはつかみやすいと思います。

https://s3-us-west-1.amazonaws.com/emogifs/map.html

(このページの図では、27の感情に A から Z と Ω の記号が割り当ててあり、図中の色がついてモヤモヤと見える部分は、拡大してみると、その記号が重なりあって表示されているのが分かります)

今まで基本とされてきた「幸せ、悲しみ、怒り、驚き、おそれ、嫌悪(吐き気)」と比べると、

「おそれ」と「嫌悪(吐き気)」に

「不安」と「ホラー」

が加わった形になりますが、この四つが連続的に変化し、重なりあうものだというのは、分かりやすいですよね。

たとえば、「おそれがあるから不安が生まれる」わけですし、
「ホラーな事態に吐き気をもよおし、それを嫌悪する」わけですから。

元記事では、「不安→おそれ→ホラー→嫌悪(吐き気)」という形で、この連続を表しています。

しかしながら、これは割と当たり前の話で、ちょっと考えれば、

  • 六つの感情では少なすぎる気がするし、
  • 27というのも、今回の研究ではそうなったってだけで、実験内容次第で変わるだろうし、
  • おまけに、これはあくまでアメリカの話であって、他の国では違うんじゃない?

というように、この結果がどれだけ有効かについては、かなり大きめの「はてな」がつくように思えます。

けれども、こうした内容について実際に研究がなされ、それが「なんとなくありがたいもの」であるかのようにネット上で流通していることには、それなりの理由があるはずですよね。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
☆ここでちょっと一休み、<スポンサード・リンク>です。



27種の基本感情に訴えれば、キミの記事も大ヒット間違いなし - マーケティングや経営の技術としてもてはやされる心理学の話

さて、上の見出しの前半はただの「釣り」ですが、ネット上の記事を見てると、「感情」を扱った「マーケティング情報」って、たくさん目につきますよね。

そして、会社という組織を経営するときに不可欠な、人間関係の技術としての「感情」に関する情報もいくらでもあります。

こういった情報が溢れかえる背景の一つの要因として、アメリカにおける「行動経済学」の流行ということがあるようです。

古典的な経済学では、シンプルな数学的なモデルとして、

人間は「合理的選択」をするもの

ととらえて定式化していたのですが、現実にはそうとばかり言えません。

(というより、我々の多くは、感情に流されて、日々不合理な選択をしてるかも......)

そこで行動経済学では、

人間は合理性も重視するが、実際には感情によって大きく左右される

という事実を、その数学的なモデルに盛り込んだわけです。

そうして最近では、アメリカの政府がその政策決定に、こうした行動経済学の考えを取り入れている、というような話でして。

そんなわけですから、我々の生きる現代社会というものは、ある意味、

「合理性・論理性」の知識から「人間関係的・心理学的」の知識へ

というシフトが起きているとも言えますし、「人間関係」の知識のうちでも、

「感情の技術」が重視される時代

なのだ、ということもできるでしょう。

そうはいっても、

「27種類の感情を操って、素晴らしいコンテンツを作り、100万ページビューを稼ごう」

というわけには、なかなかいきませんが、企業や政府はこうした「科学的」知見を生かして、経済や政治のコントロールにはげむということなんでしょうね。

ノスタルジアに怒りが混ざる!? 人間の気持ちの「キミョーな二重性」について

さて、こちらのページの図をよくよく見ていたら、不思議な発見をしました。
https://s3-us-west-1.amazonaws.com/emogifs/map.html

右端の中ほどを拡大した画像がこちらです。

f:id:suganokei:20170912010729j:plain

画像下半分に、感情の種類を表す英文字が重なって表示されているのですが、大半は「ノスタルジア(郷愁) nostalgia」を示す U です。

下の方に D がちらほら見えるのは、「おもしろさ amusement」なので、クマのプーさんの動画を見たのなら、分かります。

不思議に思ったのは、左に離れて見える E なんですよ。

ノスタルジアに混ざるような感情ってなんだろうな、と思って調べたら、これが

「怒り anger」

なんですね。

「ノスタルジアに怒りが???」って感じです。

それで「もうちょっとなんかヒントがないかな」と思って見ていたら、「怒り」の小島の右手に I の記号を発見、これは「退屈 boredom」です。

謎が解けました。

「『クマのプーさん』のような動画は、退屈きわまり上、怒りすら湧いてくる人もいる」

ってことでしょうね。

で、この場合は多分、「ノスタルジア」を感じながら「怒り」も同時に感じる人ってのは、まあ、いないと思うのですが、

「喜び」と「悲しみ」とか

「怒り」と「悲しみ」とか

だったら、同時に感じることもありますよね。

それは例えば、

  • 恋人と再会できて嬉しいから「喜び」を感じ、同時に、恋人と離れ離れになっていたときの「悲しみ」を思い起こすのだったり、
  • 傷つけられた相手に「怒り」を感じると同時に、傷つけられたことに「悲しみ」を感じる、

というようなことだったりするのだと思うのですが、こうした「二重性」(あるいは多重性もある?)まで考えると、人間の感情というものは、実に神秘的なものだなぁ、という気すらしてきます。

考えてみれば、「ノスタルジアと怒り」についても、

失われてしまった平和な子ども時代に対して「ノスタルジア」を感じると同時に、それを壊した誰かに対して「怒り」を感じる、

というようなことはありえますよね。

以上、紹介した研究の内容と直接は関係ありませんが、人間の持つ感情というものについて、その幅広さに思いを馳せることになり、なかなかいい刺激をもらったなと感じています。

ちなみに今回この研究を知ったのは、稲垣 諭氏のツイッターからです。
https://twitter.com/inaphenomeneuro/status/907049942870515712

哲学が専門の方で、荒川修作氏の天命反転住宅についてのツイートもあり、なかなかおもしろい方とお見受けします。
https://twitter.com/inaphenomeneuro/status/907139938151366656

というようなところで、今日はおしまいです。
それでは、みなさん、ナマステジーっ♬

*1:もとの英語は、順に、happiness, sadness, anger, surprise, fear and disgust です。けどこれって、アメリカ合州国界隈の話ですかね?

*2:神経科学者のアントニオ・ダマシオは、「情動 emotion」は肉体的な反応であり、「感情 feeling」は情動を解釈することによって生まれる心理的な反応である、として両者をはっきり区別しています

*3:27種類に何が入ってるのか、どうしても気になる方はこちらの図をご覧ください。英語な上ちょっと見づらいですが、すみからすみまで探せば全部見つかります。https://s3-us-west-1.amazonaws.com/emogifs/manifoldbg.svg

---------------

スポンサード・リンク