*魂の次元*

空間と時間と魂と。無限の次元でぼくらは遊ぶ。

英語を上達したければ、アルコールを飲もう!?

英語が上達できずに悩んでいる百万人のみなさんに朗報(!?)です。

イギリスとオランダの大学の研究者の共同研究によって、

「適度にアルコールを摂取すると外国語を話す能力が向上する」

という結果が得られたというのです。

「英語を上達するために、どんどんアルコールを飲もう!!」

という話ではありませんが、この研究結果からどんなことが言えるのか、ちょっと考えて見ることにしましょう。

適度のアルコールで外国語初心者の話す能力、特に発音が向上

ニューズウィークの記事
「酒に酔うと外国語がうまくなる」:欧州の研究者らが実験で確認 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
によると、この実験は次のように行なわれたそうです。

研究チームによるテストは、ドイツ語を母国語とし、最近オランダ語の会話と読み書きを学んだマーストリヒト大の学生50人を対象に実施。被験者は、無作為抽出によりアルコール度数5%のビールかノンアルコール飲料を飲んでから、実験者とオランダ語で会話した。ビールの量は被験者の体重によって調整され、たとえば70kgの男性には460mlが提供された。

この会話は録音され、オランダ語を母国語とする2人が採点した。採点者は被験者がビールを飲んだかどうかを聞かされなかったが、ビールを飲んだ人のほうがしらふの人よりも採点が高くなる有意の傾向がみられ、特に発音が向上したという。なお、被験者にはオランダ語の能力の自己採点もしてもらったが、自己採点にアルコールの影響はみられなかった。

「アルコールは認知機能と運動機能を損なうことが知られている」ことから、飲酒によって外国語の能力が低下する場合もありえるのに、実際には発話能力が向上したことから、研究者は、

アルコール摂取量が少ないことも重要な点であり、飲み過ぎてしまうと外国語能力にプラスの効果は見込めくなりそうだ

と指摘し、

外国語の会話力の向上がみられたのは、「不安を軽減するアルコールの作用が有効にはたらいた可能性がある」としている

とのことです。

適度な飲酒で発話能力が上がるのは当たり前?

このニューズウィークの記事についた、はてなブックマークのコメント(http://b.hatena.ne.jp/entry/www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/10/post-8722.php)を見ますと、「適度な飲酒で口がなめらかになるのは、外国語に限らず、当たり前だろう」という意見が散見されます。

それはそれで、もっともな意見です。

けれども、こうした心理学的な実験では、「直感的」には明らかな話を、きちんと「実験的」に明らかにすることも重要ですし、この研究結果についていうと、「発話能力」のうちでも、

「発音能力」が向上した

という点は注目に値するでしょう。

飲み過ぎれば、舌の運動能力は低下して、ロレツは回らなくなるのですから、この研究の意味するところは、

適度な飲酒によって、「外国語に特有の発音」に対する心理的違和感が低減して、「発音能力が向上した」

ということになるでしょう。

また、普段の意識では、どうしても「発音が母語に引きずられる」というふうにも言えますから、英語などの外国語の学習の際には、意識して

「大げさなくらいに真似た発音」

を心がけることも、有効だと言えるでしょう。

飲酒で会話能力が向上? いいえ、リラックスによって向上するのです。

この研究によって、

「適度のアルコールで外国語初心者の話す能力、特に発音が向上した」

という報告がされているのは、確かに事実なのですが、この研究結果をどう読み、どう利用すれば、現実の外国語能力の向上に役立てることができるでしょうか?

それは、

能力を十分発揮するには、適度なリラックスが重要だ

ということにつきるでしょう。

英語などの外国語をしゃべる場合、場面によっては、アルコールを利用することもできるかもしれませんが、なかなかそうはいかない場合も多いでしょう。

練習の場面では、アルコールを利用して「自分も案外英語が話せる」という自信をつけるのも、もちろん役に立ちます。

そうして自信をつけた上で、本番のときには、自分が緊張していないか確かめ、緊張をしていれば深呼吸をしてリラックスするなど、打つ手を用意しておくことが、肝心でしょう。

リラックスには、呼吸法や瞑想も役に立ちます。

☆こちらに瞑想の記事を書いていますので、よろしければお読みください。
マインドフルネスとヴィパッサナー瞑想について・蝶入門編 - 24 時間の瞑想術

てなところで、この記事はおしまいです。

それではみなさん、ナマステジーっ!!

---------------

スポンサード・リンク