*魂の次元*

空間と時間と魂と。無限の次元でぼくらは遊ぶ。

しばしお別れの挨拶、インドの鍋添え

四ヶ月ほどの長逗留をして、すっかり住み慣れた西インドは砂漠のほとり、プシュカルの街をあとにし、今日、昼過ぎの列車で、インド東部のヴァラナシに向かいます。

16時間ほどの列車の旅となります。


ヴァラナシは、ガンジス川に沿って沐浴場が連なっており、信仰心篤いインドの人たちが、聖なる川の水で体を清めている姿が、日常の中に溶けこむ街です。

久しぶりのヴァラナシが、その迷路のような細い路地が、どんな顔をして迎えてくれるのか、今から楽しみです。

...... ということもあり、しばらくこちらの更新は、お休みさせていただくかもしれません。

で、昨日書いた鍋料理の話とは、特に関係もありませんが、インドの鍋のある風景、ということで、写真を一枚

f:id:suganokei:20170209075113j:plain

プシュカルのお菓子屋さんでは、こんなふうに店先で、揚げ物をしている光景をよく見かけます。写真のさつま揚げのようなものを、シロップ漬けにして、あまーくしたものが、プシュカル名物なのだそうです。

ぼくは甘いものが苦手なので、食べたことがないのですけど。

てなことで、今日はこの辺で。
ほいでは、みなさん、またーー。

---------------

スポンサード・リンク