*魂の次元*

論理と直感の間で綱渡りをする魔術師になりたい。

「腰」が抜けた

腰の凝りがだいぶ抜けた気がする。
びっくりして腰が抜けたんじゃなくてです(笑)。


前にこちらで腰の緊張について書いたが、そのあといろいろ注意していたら
分ってきたのが、台所で包丁仕事をするのをはじめ、さまざまな場面で
姿勢の悪さから無駄な力が腰に入ってしまうということ。


それで、こうやってキーボードを打ってる時もそうだし、ものを書く時や
包丁を使う時など、気づいたら背筋を伸ばして姿勢を正すようにしていたら、
前よりも早く腰の緊張に気づくことができるようになって、けっこう体が
軽くなってきた気がする。


いや、もちろん、ただの自己暗示かもしれないけれど、それならそれで
よし。とにかく気持ちがよければいいじゃないですか。


まだまだいろいろひっかかりはありますが、日々少しずつの精進ということで。

---------------

スポンサーのリンクです