*魂の次元*

空間と時間と魂と。無限の次元でぼくらは遊ぶ。

肩と腰の緊張

よほど心と体に注意を払っている人でもなければ、誰もが余計な緊張が体のどこかに
表れているはずと思うが、ぼくの場合は右肩と腰にそういった緊張を特に感じる。


何かをやるときに失敗してはいけないというような思い込みが、この緊張のもとになって
いるようで、右手は使う機会が多いから四六時中といってもいいくらい、右肩は余分な
緊張を背負っていて可哀想なくらい。気がつくと力を抜くようにはしているのだが、
スッと楽になる、という風にはなかなかうまくいかない。ゆっくり時間をかけて
変えていきたいと思っている。


腰の方は、最近気づいたのだが、台所に立って包丁仕事をするとやたらと力が入る。
習慣になっているというか、条件反射的に力が入ってしまうので、これも簡単に
なくすわけにはいかなさそうだが、このところ包丁を使い始めると割とすぐに
腰の緊張に気づいて力を抜けるようになってきたので、こちらの方が早く
変えられるかもしれない。


今、この文の下書きを、卓袱台に向かいあぐらを組んでノートに書きながら、右肩と
腰の緊張に意識を向けてみている。かなり気をつけていないとすぐに余計な力が
入ってしまう。呼吸に注意してゆっくり長くするのがよいようだ。

そんなこんなで、ぼくの体遊びの日々は続いてゆくのです。

[関連記事: ヨガもどき、気功もどき]

---------------

スポンサード・リンク