*魂の次元*

論理と直感の間で綱渡りをする魔術師になりたい。

信じることにすること

カスタネダの "tales of power" (邦訳「未知の次元」)に
having to believe という話が出てくる。
それをここでは「信じることにすること」とする。


たとえば、あなたが作家になりたいとする。
だけれど、作家になれるかは分らない。
そのとき、自分が作家になれると「信じることにする」。
ただ、楽観的に信じるのではない。
なれなかったときのことも頭の片隅においておく。
そして、なるために最善を尽くす。


そんなふうな話。


そんなやり方が有効であると、ぼくは信じることにする

---------------

スポンサーのリンクです