*魂の次元*

論理と直感の間で綱渡りをする魔術師になりたい。

はじめに

ぼくという人間は

ぼくという人間はどうにも興味が分散している。 なにか一つことに集中するということが苦手で、 あっちを少しかじり、こっちを少しかじりといった塩梅で、 とにかく腰がすわらない。 そんなぼくが始めるこのページに普通の意味でまとまりがつく わけもないの…

---------------

スポンサーのリンクです