*魂の次元*

空間と時間と魂と。無限の次元でぼくらは遊ぶ。

「差別」「EM菌」「牛乳の有害性」についての記事を宣伝してくださっているみなさまへ、感謝の言葉とお願い、そしてご説明

f:id:suganokei:20170921174016p:plain
最近書いた「差別」「EM菌」「牛乳の有害性」についての記事について、多くの方が、はてなブックマークのサービスを使って宣伝してくださっていること、本当に感謝しております。

ところが不思議なことに、宣伝してくださっている方のうちのほとんどが、自分が宣伝しているのだということに、気がついてらっしゃらないかのようにも思えます。

そこでお願いなのですが、この記事も含め、記事の内容が気に入らない場合は、どうかブックマークをしないでいただきたいのです。

ブックマークをすることは、内容のいかんに関わらず、記事の宣伝をすることになります。

気に入らない記事をブックマークすることは、あなたの時間を無駄にするだけでなく、あなたに似た誰かが、有益とは思えない記事を読んで時間を無駄にすることにもつながり、悪循環を生み出すだけの最悪手ではないでしょうか?

このことをご理解いただき、今後気に入らない記事をブックマークすることをおやめいただけるのならば、この記事をこれ以上読む必要はまったくありませんので、どうかご安心して、今お開きのページを閉じてください。

これまでに、ぼくの書いた記事に時間を費やしていただいたこと、心の底より感謝しております。

それでは、アディオス・アミーゴス!!

続きを読む

「科学万能主義」のみなさんは「牛乳有害説」なんて鼻で笑うでしょうけど、やっぱり牛乳は有害なんとちゃう?

f:id:suganokei:20170918203443p:plain
※こちらの記事にブックマークをつける前にぜひお読みください。
「差別」「EM菌」「牛乳の有害性」についての記事を宣伝してくださっているみなさまへ、感謝の言葉とお願い、そしてご説明 - *魂の次元*

※免責に関わる説明: 本記事は、自然科学的に誤りのない内容であるように注意して書いておりますが、社会科学的には様々な異論があるものと思われます。したがって、読者の皆様の立場が本記事作者の見解と異なる場合、あるいは、審美的な見地から、本記事の文章・内容が不愉快と思われる可能性が、大いに予想されますので、以降の記事を読み進めるにあたっては、すべて自己責任にてお願いいたします。

※また、本記事は科学的な論文ではありませんので、この記事の主張を補強するために、根拠としての文献を上げることは特にしません。ここに書かれているのは、「こういう見方もあるよ」というだけのことであり、問題提起をしているにすぎませんから、その主張が妥当かどうかは、読者の皆さまがそれぞれにご確認いただければ幸いです。

※なお、タイトルの「科学万能主義」という言葉は、「素朴に『科学』を信じて、その限界をあまり気にしない考え方」という程度の意味であり、「有害なんとちゃう?」というのも単なる惹句であり、牛乳の「有害性」を主張するものではありませんので、よろしくご理解ください。

※広告の表示を好まれない場合は、各自で非表示の対策をしていただくか、あるいは別途無広告の版を用意していますので、そちらをご覧ください。
[全文無料] 牛乳「有害」問題ことはじめ | とし兵衛 | note

以下が本記事の見出しです。

  • 牛乳、飲んでますか?
    • 飲みたい人は飲んでください
    • ここで、科学に関心のあるあなたに、ちょっとだけ考えてほしいこと
  • 牛乳の有害性、信じますか?
    • 乳糖不耐性の問題
    • 牛の飼育に使われるホルモン剤や抗生物質の問題
    • アレルギーやアトピーは牛乳に限りませんけれども
  • 科学的ってどういうことなの?
    • 「証明されてないものは信じない」は科学的リテラシーとしてはありうる
    • 「証明されているものを信じる」のは「科学的な態度」とは言えない
    • ファインマンさん、ご存知ですか?
    • EM菌と牛乳と放射性物質と、あるいは科学的リテラシーという「社会学的」問題
  • 科学を信じるも、信じないもあなたの自由です。大切なのは、自分の中に
続きを読む

EM菌「撲滅」委員会の皆様へのお返事集です

みなさん、こにゃにゃち・はーーっ。

この記事は
「科学至上主義」のみなさんは、どうしてEM菌がそんなに嫌いなんですかね? - *魂の次元*
へ頂いたブックマーク・コメントに対するお返事集です。

続きを読む

「科学至上主義」のみなさんは、どうしてEM菌がそんなに嫌いなんですかね?

※こちらの記事にブックマークをつける前にぜひお読みください。
「差別」「EM菌」「牛乳の有害性」についての記事を宣伝してくださっているみなさまへ、感謝の言葉とお願い、そしてご説明 - *魂の次元*

みなさん、こんにちわ。

「科学至上主義」な立場から、

  • 学校教育においてはEM菌を使用するべきでない、

という主張がネット上で散見されるため、今日はそのことについて考えてみようと思います。

結論としては、

  • EM菌の効果が証明されていないからと言って、水質浄化問題に関する限りは、そんなに目くじら立てなくていいんじゃないの?

ということになります。

なお、EM菌などの「疑似科学批判」を「趣味」や「生きがい」となさっている方に対して、それをやめろ、とか、そういう立場はおかしい、とか言っているわけではなく、もう少し大らかに受け止める立場があってもいいよね、という一般的な論を述べているだけのことですので、そこのところをご理解いただければ幸いです。

  • そもそもEM菌って何なの?
    • 有用微生物群という名の、得体の知れない謎の物質
    • 開発者の比嘉照夫さんが、なんとも擬似科学的であることについて
    • EM菌は水質浄化に効果があるのか?
  • なんで学校教育にEM菌を使っちゃダメなの?
    • それは日本の学校教育が子どもたちの「考える力」を奪っている現実があるから
    • 問題はむしろ「科学」とは関係のない、行政と業者の癒着にある
  • 自分が理解できないものを頭ごなしに否定することの非科学性について
続きを読む

ハルオサンが業者だと疑ってるキミは、脳みそを海水で洗ってから出直すべし!? あるいは「天然系・野生の天才」ハルオサンの衝撃

f:id:suganokei:20170916193816p:plain
みなさん、

ハルオサンの

読んでますか?

彼のブログのヘッダ画像を一目見れば、ハルオサンが「フツウの人」でありえないことは、分かる人には分かっちゃうと思います。

そして、彼の書く記事を一つでも二つでも読んでみれば、「フツウ」にはありえない彼の「天才」的なセンスに溢れる文章のとりこになること請け合いです。

とはいえ、分からない人には、やっぱり分からないんでしょうね、ハルオサンの「天然系・野生の天才」ってものが。

というのは、大人気のハルオサンのブログに対して、出版社から書籍化の話も来ているということなのですが、ハルオサンは、文章もうまいし、絵も味があるし、記事の内容もおもしろすぎるがゆえに、

文章のプロである出版社の人達からも
「どこかのプロの業者じゃないんですか?」
と言われてしまいました。

世にも奇妙な『はてなブログ』物語 - 警察官クビになってからブログ

って話なんです。

というわけで今日は、ぼくの大好きなハルオサンについて、彼が「業者」では *ありえない理由* と、その「野生の天才」としての魅力を大雑把に気分次第で書いてみますので、お時間ある方はおつき合いください。

  • ハルオサンの実在性の証明。まずは、BuzzFeed の記事を読んでみてください。
  • なぜハルオサンはあんなに文章がうまいのか、そしてあんなに味のある絵が書けるのか?
  • ハルオサンの魅力の秘密は「バランス派・天然系」にありっ。
続きを読む

差別はしないほうがいいけど、差別表現のすべては取り締まれないでしょ?

※こちらの記事にブックマークをつける前にぜひお読みください。
「差別」「EM菌」「牛乳の有害性」についての記事を宣伝してくださっているみなさまへ、感謝の言葉とお願い、そしてご説明 - *魂の次元*

前の記事
Q:差別発言に表現の自由はあるか? A: ええ、もちろん。あるいは、敵は作るな、味方を増やせ - *魂の次元*
で、

  • 人間には「差別する」自由だけでなく、「ありとあらゆることをする」自由がある
  • しかし、「差別する」自由は法律で制限される

という意味のことを書きましたが、分かりにくかったようなので、もう少し説明します。

なお、いくつかご指摘を受けましたが、「差別する自由がある」という言明は、確かに「強すぎる」ものと思いますので、この記事では、前回の記事との整合性をはかるため、その表現を使いますが、今回限りの表現としますので、その点はご理解ねがいます。

また、「内心の差別」についても少し書きます。

  • あなたの友だちがあなたに対して「日本人」を差別するような発言をしたとして、それを法律で取り締まることができるでしょうか?
  • 「差別する自由」という強い表現と「自由」という言葉の定義について
  • 「行為としての差別」は法律で制限されるが、それだけでは不十分なので、「内心の差別」をしっかり意識しておく必要がある
  • [追記]「敵は作るな、味方を増やせ」再び
続きを読む

Q:差別発言に表現の自由はあるか? A: ええ、もちろん。あるいは、敵は作るな、味方を増やせ

※こちらの記事にブックマークをつける前にぜひお読みください。
「差別」「EM菌」「牛乳の有害性」についての記事を宣伝してくださっているみなさまへ、感謝の言葉とお願い、そしてご説明 - *魂の次元*

わっとさんの記事、
「差別からの自由」は「差別する自由」に優先する。よって「差別する自由」などというものはない - しいたげられたしいたけ
は、みなさんご覧になってますか。

twitter上の「人間には差別する自由もある」という発言に対する反論です。

わっとさんの主張を簡単にまとめると、

  • 人間には「差別されない権利」がある、
  • したがって、他者を「差別する自由」は法によって制限される

というもので、まったく妥当な主張です。

ただし、元の発言をした柴田英里氏は、決してわっとさんの主張に反することを言っているわけではないので、その点について少し書きます。

  • 人間には「差別する自由」があることと、「差別」は法律で制限されていること
  • 柴田氏の主張は、「表現の自由は安易に規制すべきでない」というところにある
  • ところで、みなさん、議論ってどうしてするんでしょうね? あるいは「敵を作るな、味方を増やせ」
続きを読む

---------------

スポンサード・リンク