*魂の次元*

せっかく生まれてきたんだから、自由に楽しく生きようじゃないですか。

人はなぜ悲鳴を聞くとゾッとするのか。あるいは、扁桃体の乗っ取りにご用心

wired.jp にこんな記事が出ていたました。
悲鳴にゾッとするのは「甲高いから」ではなかった──米研究結果で判明した「絶叫のメカニズム」|WIRED.jp

ここで取り上げられている研究は二年前のもので、どうして今これを記事にしたのか不思議なのですが、ちょっとおもしろい内容なので紹介します。

  • 甲高くて大声なら悲鳴? 音量のばらつき、ラフネスが悲鳴を決める
  • 悲鳴の「ラフネス」が恐怖の中枢「扁桃体」を乗っ取る
  • 「扁桃体」の過度の乗っ取りにはご用心
続きを読む

今(現代)、なぜ物々交換なのか、あるいは「アマゾンの欲しいものリスト」が作る楽しいネット縁

ネット通販の覇者アマゾンに「欲しいものリスト」というのがあるのは知っていたのですが、自分では使ったことがありませんでした。

自分の「欲しいものリスト」を公開しても、誰も何も送ってくれない気がしたし、自分から誰かに何かを贈るような、社交性のある人間でもなかったからです。

でも、ふと気まぐれで、ある方の「欲しいものリスト」をのぞいてみたら、「あー、ちょっとこの人に贈ってみようかなー」って気になったんです。

この記事では、その顛末などを少し書いてみます。
・[:title]

  • ほしいけれど、ちょっと高くて手が届かないもの
  • 昼飯を抜いてSFの文庫本を買っていた高校生のころ
  • ネット上で「もの」を介して人とつながることの楽しさ
続きを読む

自分だけで考える必要はありません。「集合知」をあなたのものにするための三つのステップ

しばらく前の medium.com にこういう記事が載っていました。
The Myth of Independent Thought – The Polymath Project – Medium

直訳すると「独立思考の神話」というような意味ですが、「他の人に一切頼らないで考えることはできないよね」みたいな話です。

学校教育では、なんでもかんでも「自分で考えなさい」みたいに押しつけられますので、

  • うまく考えられない人は、自分がだめな人間になったような気がしますし、
  • 上手に考えられる人は、自分ができる人間になったような勘違いをしたりする

わけですが、ほんとにそんなふうに考えてて大丈夫なのかな? というおもしろい視点を提供してくれる話だと思うので、その内容を紹介するとともに、ぼくたちがどんなふうにすれば「集合知」を使いこなすことができるかを少し考えてみましょう。

  • 地球は丸いってほんとに知ってますか?
  • 自分だけで考えられる人なんて、どこにもいません
  • あなたにとって「真実」って何? 自分の道を歩いてますか?
続きを読む

なぜ円安と株高はセットでやってくるのか - ニッポンの危ない経済政策

日本のみなさん、こんにちわー。

「景気は回復している」とニュースでは言っているのに、賃上げとしては反映されず、その実感もないまま年末の日々を過ごしていらっしゃることでしょうか。

ぼくはどっちかというと経済音痴ですが、海外暮らしが長いので、円の為替の動向には少しばかり興味があります。

それで、前々から

  • どうして円安と株高はセットになっているのか

ということが気になっていたんですね。

この疑問に納得のいく解答が得られたので、今日はそこのところをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

なお、結論は、

  • 海外投資家が円を借りて、株を買うから。
  • その結果、円安になると輸出型の日本企業にとって好都合だから。

ということになります。

  • なぜ円は安くなる? それは円をじゃぶじゃぶ供給するから
  • 好況になれば株は高くなる。株が高くなれば円も高くなる......はず
  • なぜ円安になるのか - 海外投資家の円の調達法とその使い方
  • 輸出型企業にも蝶都合のいい円安株高 - だけど、その行く末は?
続きを読む

がんばれ日本の中小企業! そして経営者の皆さん、ちゃんと最低賃金は守ってね♪ それからみんな、有休はちゃんと取らんとだちかんぞー wW

わっと(id:watto)さんが、
有能な社員を正当に評価しなかった会社症候群コレクション - しいたげられたしいたけ
という記事を書いています。

日本を離れ、遠いインドから見ていても、日本の経済状況や労働環境の悪さは察せられます。

わっとさんが紹介している件について、少し感想を書くとともに、日本の労働環境についても思うところをほんの少し記します。

  • 社員一人の休職で職場はボロボロ - 中小企業の厳しい労働環境
  • 最低賃金を守らない店長
  • 有給休暇の取れない国ニッポン
続きを読む

日本語教師のあなたも、そうでないあなたも、「は」と「が」の使い分けがこれなら一発。「が」は前が焦点、「は」は後ろが焦点

みなさん、こんにちわー。
ほとんどペーパー日本語教師のとし兵衛です。

今回は、しんさんのこちらの記事
日本語の助詞「は」と「が」の違いは小学生でも理解できるシンプルな一文で違いを説明できる。日本語教師を長年悩ませてきた問題に終止符を打つ。 - SINLOG
が、おもしろかったので、この話題に相乗りさせてもらいます。

  • 日本人なら何気なく使っている「は」と「が」ですが......
  • 「が」は前が焦点、「は」は後ろが焦点
  • どこまで説明できるか考えてみよう
  • その他の問題
    • 「質問がありません」否定形の場合
    • 対比の「は」
    • 新しい対象と既知の対象、"a" と "the"
    • 国文法、三上文法、日本語教授法についてちらりと
続きを読む

ワンちゃんと暮らすあなたはラッキーです。犬と一緒の生活が「心筋梗塞や脳梗塞を減らす」ことを示唆する研究結果が発表される

f:id:suganokei:20171204034650j:plain
みなさんは犬と一緒に暮らしてますか、暮らしたことがありますか?

ぼくの場合、子どものころは家に犬がいたんですけど、大人になってからはよその犬と遊ぶくらいなんですが、この記事では

  • 犬と一緒の生活が「心筋梗塞や脳梗塞を減らす」かもしれない

という(白犬だけに*1 )おもしろい研究を紹介しようと思います。

  • 一人暮らしの人が犬を飼えば、心血管疾患で死亡する可能性が36%も下がる!?
  • 犬を飼う人は、「生活が健康的」である
  • 犬を飼う人は、犬との交流のおかげで「ストレスが低くなる」
  • 犬が持っている雑菌が「人間の健康」に役立っている!?
    • まずは、ちょっと意外な「衛生仮説」について
    • 「雑菌」が「心血管疾患を減らす」可能性は?

*1:「尾も白い」にひっかけたすべりまくりのダジャレですみませーん。

続きを読む

---------------

スポンサーのリンクです