*魂の次元*

論理と直感の間で綱渡りをする魔術師になりたい。

錯覚資産を増やすよりも10,000倍大切なこと - あなたの錯覚負債メガトン級ですよ♬

今(2018年8月)アマゾンでバカ売れしている
『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」できまっている』(2008 ダイヤモンド社)
みなさんはもう読まれましたか?

著者のふろむださんは、「分裂勘違い君劇場」という知る人ぞ知るモンスターブログの書き手なのですが、この本では、大学で専攻した心理学の知識をもとに、さまざまなデータを駆使し、

  • 社会で成功するためには「錯覚資産≒人を勘違いさせる能力」がものをいうのだ、

ということを、実社会での豊富な経験も交えて、大変わかりやすく解説してくださっています。

「錯覚資産」というのはふろむださんの造語で、心理学の世界では有名な「ハロー(後光)効果」に代表される、自分が有利になるように「人に錯覚してもらう」能力を経済学的な「資産」に見立てたものです。

人間なら誰でも落ち入ってしまう「思考の錯覚」が「資産」になりうるとすれば、どうしてそんなことが可能なのか、そしてそれをどうやって使えばいいのかを知ることは有意義に違いありません。

「錯覚資産」を十分理解し、使いこなすことの重要性については、ふろむださんの著書
『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」できまっている』(2008 ダイヤモンド社)
を読んでいただくとして、この記事では、

  • 錯覚資産の裏に隠されている、
  • あなたの人生を根底から変える力を秘めた、
  • 錯覚負債とは何なのか、

を簡単に書いてみたいと思います。

  • 錯覚負債とは何か? 錯覚資産を気にするよりも前に考えるべき「錯覚負債」の重要性
  • 人はなぜ「錯覚資産」に魅力を感じてしまうのか。プロスペクト理論の恐ろしさについても一言
  • 「『錯覚負債』の棚卸し」こそがあなたの人生を幸せにする
  • 「錯覚負債の棚卸し」のための基礎体力をつけよう - 呼吸と瞑想とマインドフルネスの科学
  • まずは三回の深呼吸から。奥深いマインドフルネスと瞑想の世界へのご招待
続きを読む

親の本棚? そんなものは燃やしてしまいなさい。そしてぼくたちは自由な旅に出よう。

脚本家・石井飛鳥さんのツイート(https://twitter.com/ishiiasuka/status/1028196483709820929)、

電子書籍、便利なんだけど「親の本棚」が家に構築されないのは将来的に人類にとってヤバイ予感がする。

が13,000ものリツイートを受け、話題になっています。

「親の本棚」の役割を否定するわけではないのですが、個人的には

  • 「親の本棚」? そんなもん、さっさと「粗大ごみ」にでも出したら?

と思ってしまったので、その理由を少しばかり書いてみましょう。

  • 「親の本棚」がある人とない人の「違い」ってこともあるよね。
  • 電子書籍がほとんど売れてない上に、書籍というフォーマット自体が化石化してる時代だしなー。
  • 「旧人類の寝言」は気にせず、新しい時代の波の間を漂って生きよう。
  • 追記: 石井飛鳥さんへのお詫びと「文化資本を奪おうとする者」についての考察
続きを読む

「本当に幸せに生きたい」人が知っておくべきたった一つのこと - あなたの幸せはあなたしか知らない

世の中には、

  • 好きなことを仕事にして、楽しく生きよう、とか、
  • 好きなことを仕事にするなんて夢のようなことは考えるべきじゃない、

とか、いろいろな意見がありますが、みなさんはどんなふうに考えて、仕事をやったり、やらなかったりしてますか?

今日は、はてな村の秀逸な書き手ふろむださんが十年以上前に書いた文章、
「好きを貫く」よりも、もっと気分よく生きる方法 - 分裂勘違い君劇場
を肴に、「幸せに生きるために知っておくべき二、三のことがら」について書いてみようと思います。

なお、本当に幸せに生きるためには、

  • あなたの幸せはあなたにしか分からないのだし、
  • したがって人の考えを鵜呑みにしてはいけない、

のだという、ごく当たり前の結論が十分分かってらっしゃる方は、本文をわざわざ読むには及びませんので、念のため。

  • 頭のいい人、成功した人の意見は「もっともらしい」けど、それがあなたにも当てはまるとは限りません。
  • 自分が何を本当にやりたいのか、あなた本当に分かってますか?
  • 本当は「みんな好きなことをやっている」という身も蓋もない事実に気づいてますか?
  • それでも「おれは好きでこんな仕事をしてるわけじゃない」と思うあなたへ - 自分の無意識との賢いつき合い方
  • あなたが「今の仕事にすっかり疲れ切っている」のならば
  • あなたの幸せはあなたにしか分からない - 自分だけを頼りに世界の幸せを願う
続きを読む

人生の成功が「錯覚資産≒人を錯覚させる能力」で決まっているとしたら。あるいは「分裂勘違い君劇場」で少しばかり勘違いしてみましょうか。

はてな村のみなさんには、数々の含蓄ある記事を生み出してきた「分裂勘違い君劇場」でおなじみの、ふろむださんのデビュー作
『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」できまっている』
は、みなさんもう読まれましたか?

ぼくはまだ読んでません(笑)。

でも、親切なふろむださんは、ネットで最初の五章を読めるようにしてくれていて、それだけ読んでも彼の主張の面白さは十分伝わってきます。

ふろむださんは、

  • 人生は「実力」よりも「運」よりも「錯覚資産」によって決まってくる、

というのですが、一体これはどういう意味なのでしょうか。

というわけで、今日はふろむださんの説く「錯覚資産の活用」についてのお話です。

  • 成功する人には後光が差している。ハロー効果と錯覚資産について。
  • 錯覚資産の有効活用について。
  • あとは蛇足ですが、「錯覚資産に頼らず生きるのもいいんじゃない」って話
続きを読む

オウム真理教事件を出発点に「正義のやばさ」と「権力ゲーム」における「自己肯定感の重要性」について考察してみます

omion さんの7月7日のツイート*1

オウムでサリンつくった人たちだって蒔いた人たちだって「人を殺す犯罪」をしようとしたんじゃなくて「理想の社会を作る正義」のための戦いをしようとしてたんですよ。良かれと思っての行動なんですよあれ。
当時は「宗教ってやばいな」と思ってたけど、今は「正義ってやばいな」と思うようになった。

が、25,000件以上リツイートされており、そこについたリプライを見ると、多くの方が「絶対的な正義はない」という健全な理解をしていることが分かります。

この記事では、「絶対的な正義はない」と考えるとき、ぼくたちはどのように判断の基準を持てばいいのか、また人間の振る舞いを「権力ゲーム」と見たとき、そこで「幸せなプレイヤー」になるためにはどんな資質が重要なのかを「自己肯定感」というキーワードを使って考えてみたいと思います。

  • 結論: 人の意見を鵜呑みにしないこと、分からないことは分からないままに判断を保留すること、きちんと自分に自信を持つこと
  • なぜ正義は「やばい」のか。すべての正義は「やばい」のか。
  • 権力ゲームの遊び方
  • 「世界の偶然性」に向き合うために「自己肯定感」を育てる
続きを読む

「女性のカラダはパワースポット」は、「子宮系ニセ医学」として非難するべき言説なのか?

山田ノジル@スピリチュアル百鬼夜行さんのツイートが
「子宮はお宮、膣は参道、だから女性のカラダはパワースポット」 2018年夏の子宮系ニセ医学トンデモ怪談 - Togetter
としてまとめられ、345件のブックマークがつき、あきれるやら、あざわらうやら、様々なコメントのオンパレードとなっています。

「スピリチュアル≒詐欺商法」と考える「はてな系純朴科学オタク」の皆さまとしては当然の反応だなと了解するのですが、「子宮系ニセ医学」とでも呼びたくなるような「オカルト」な言説にも、幾ばくかの存在意義があると考える者といたしましては、科学的リテラシー豊かなみなさまに

  • 「オカルト的」言説の有用性

についてもう少しご理解いただけたらなー、と考えて、余計なお世話の解説を試みる次第です。

  • 「子宮系ニセ医学」などの「有害性」についてまず確認
  • そもそも「子宮をお宮に見立てる」ことになんの問題があるのか?
  • 科学と非科学を分けるという極めて難しい問題
  • 助産師さんたちのホメオパシー信仰も含め、お産を女性が取り戻すことの意義について少し
続きを読む

ネットでの新刊購入は全体の1割、「文字もの」電子書籍は「紙」の4%、縮みゆく出版業界の明日はどっちだ!?

仲俣暁生さんというフリー編集者の方が、
出版業界は沈みゆく泥舟なのか « マガジン航[kɔː]
という刺激的なタイトルで、日本における出版の現状について記事を書いています。

こちらの記事の内容を紹介するとともに、そこについたブックマーク・コメントも眺めながら、出版社と書籍の未来について考えてみることにしましょう。

  • インターネット経由の新刊購入は市場全体の1割程度、「文字もの」電子書籍の市場規模は「紙」の書籍の4パーセント程度
  • 電子書籍の「コストパフォーマンスの悪さ」と「売る気のなさ」
  • 書籍に未来はあるのか、あるいは、書籍なんて必要ないのか
続きを読む

---------------

スポンサーのリンクです